三和テクノ株式会社が お届けしたいのは“シール”です。

会社概要

会社概要

昭和40年04月
木田恵夫氏が、ゴムスポンジの加工を目的として長田区大塚町に株式会社 木田商会を資本金100万円にて設立
昭和45年04月
三和商工株式会社の協力工場として、ダイハツ工業株式会社向け自動車部品の 生産開始
昭和54年05月
三和商工株式会社化成品部の物流部門を移管し生産から納入に関する かんばん方式を導入
昭和59年03月
創業者木田恵夫の引退により、三和商工株式会社が全株式を取得し、 経営権を継承
昭和59年06月
OA機器部品(定着ブレード・シール材)生産開始
昭和61年01月
長田区若松町に移転、フルオートカッター、油圧プレス等設備一新
昭和61年03月
三和テクノ株式会社と社名変更し、資本金1000万円に増資
平成 元年10月
製造に於ける、質及び量の充実を図り、大橋工場新設
平成02年10月
大橋工場を統合し兵庫区高松町に移転、設備を増強し新しくスタート
平成04年07月
資本金4000万円に増資
平成07年10月
三和商工株式会社より分離独立
平成09年01月
橋梁用支承、玄関マット等大型成形品製造を目的とし、姫路工場を開設
平成09年03月
資本金9000万円に増資
平成14年01月
経営革新支援法に基づく経営革新計画の承認を受ける
平成15年10月
高松工場ISO14001認証取得
平成16年06月
玄関マット生産増強を図り、夢前工場新設
平成18年04月
本社を長田区苅藻通に移転、旧本社工場は高松工場として再スタート
平成18年10月
本社・苅藻工場ISO14001認証取得
平成19年03月
自動車部門の生産拡大を図り九州工場新設
平成19年10月
研究開発部門としてR&Dセンターを開設
平成21年02月
さらなるQCDの向上を目指し、高松工場において高速打抜き裁断機、数値制御連続型抜機を導入
平成22年01月
九州第二工場稼動開始
平成26年03月
生産増強のため姫路工場の隣地に新工場を建設し夢前工場を統合